任意売却のメリットについて

任意売却のメリットについて

ローンの返済ができなくなってしまった場合に、競売ではなく任意売却という手段をつかうことができます。
任意売却は、債務者が任意で不動産を売却することで、競売に比べて高値で売却することができます。そのため、売却後の残債務も少なくすることができます。また、任意売却であれば、残債務の返済についても、債務者に無理のないように計画することもできます。これが、任意売却の最大のメリットといえます。
任意売却の手続きについても、専門の業者が仲介をして、債務者と話をつけてもらえます。競売にかけるよりも、債務者・債権者両方にとってメリットがあるのが任意売却なのです。
もし、ローンの返済が停滞して困っているのであれば、任意売却を考えてみるのがいいかもしれません。

 

任意売却をした後の残ったローンについて

たとえ任意売却をしても、残ったローンを払っていけないから・・という方も多くいます。当然ですが任意売却をした後の、残った債務は支払い続ける必要があります。多くの場合任意売却をしても住宅ローンの残金より売却価格の方が下がるのでどうしても債務は残ります。しかしながら、通常通り返済していくのは難しいケースがほとんどです。
そこで任意売却においては返済額を、無理のない範囲で例えば毎月2万円といったように、話し合いにより決めて返済していくことができます。また債権者(金融機関)によっては残った債務を少し圧縮して減らしてくれる場合もありますので、住宅ローンが払えそうもない場合は任意売却を検討していく価値は十分にあるでしょう。

Blog

Calendar