任意売却のデメリットについて

任意売却のデメリットについて

任意売却にもデメリットはなくはありません。
まずブラックリストと呼ばれる信用情報機関に情報が記載されます。ただこの場合も既に住宅のローンを3ヶ月払ってない時点で既にブラックリストに記載されますし、競売の場合でも延滞情報が記載されますので任意売却のデメリットと言えるかどうかわかりません。また任意売却をしても残債金額は残ります。ただ競売であっても、債務が残る可能性は非常に高いですので、大きなデメリットとは言えないでしょう。
また任意売却で連帯保証人や連帯債務者がいる場合、同意が必要というデメリットもあります。ただ競売になればさらに多大な迷惑をかけてしまうことになるのでこれも任意売却のデメリットとは言えないかもしれません。

 

連帯保証人がいるような場合の任意売却

連帯保証人がいるような場合の任意売却は非常に面倒です。
もし、任意売却を行うことが可能であったとしても、残債務で連帯保証人に厳しい負担をかけてしまいます。 そのため、よく考えて任意売却を行う必要があります。
ある相談者の場合は、無職で離婚者でしたが、共有者の相手は公務員です。 このような場合、売却に対して相手が同意してくれれば任意売却を行うことができますが、残債務が問題です。
職業が安定している公務員のために、給料を差押えて債権を回収するという法的な手段を債権者としてはとることもできます。
任意売却に際して、債権者は連帯保証人の同意を要求してきます。
これは、もし売却価格が安いような場合に、連帯保証人が、「債務額を担保物件の価格が超えていたから保証したので、差額分の保証はこのような安い価格ではできません」というようなクレームがでてくる恐れがあるからです。

Blog

Calendar